211系3000番台 長野色(スカート強化形) 3両セット

211系3000番台 長野色(スカート強化形) 3両セット

品番
10-1212
型式
Nゲージ
国別
日本
発売日
2019/02/13
販売価格
¥11,016 (税込)
数量
カートに入れる

製品説明

鉄末期の昭和60年(1985)に登場した211系は、国鉄の新系列近郊形電車として初めてのステンレスボディーで誕生しました。
中でも1000・3000番台は勾配・寒冷地線区向けの車両で、セミクロスシート仕様の1000番台と、ロングシート仕様の3000番台が、
115系の後継車として活躍が始まりました。

ステンレス車体に湘南色の塗色をイメージした帯が貼られ、高崎線・東北本線などで活躍していましたが
E231系の増備に伴い、短編成化されて房総地区に転出した後、老朽化した長野地区の115系の置き替えのため、
平成25年(2013)より短編成化・塗装変更された211系が順次投入されました。

現在はスカートが強化形のものに換装され、中央本線・篠ノ井線の高尾〜長野間、大糸線松本〜信濃大町間、
飯田線辰野〜飯田間や富士急行線大月〜河口湖間などで幅広く活躍を続けています。

スカートが強化形になった211系3000番台長野色は3両編成のほか、3+3両の6両編成での運転も見られます。

製品情報

● 211系3000番台 長野色(スカート強化形)
・平成30年(2018)の長野総合車両センター所属のN306編成がプロトタイプ。
・電気連結器部分に切欠きのある、スノープロウ一体形の強化形スカートを新規パーツで再現。
・長野色と呼ばれるカラーリングに準じた、アルパインブルーとフレッシュグリーンの帯を再現。
・中央線・篠ノ井線の狭小トンネルに対応した、PS33シングルアームパンタグラフを搭載した姿を再現。
・先頭部はKATOカプラー伸縮密連形、中間連結部にはジャンパ管付KATOカプラー密連形を標準装備。
・クハ210の中間連結部側の台車に、台車マウントタイプの汚物処理装置を装備。
・ヘッド/テールライト、前面種別表示点灯(消灯スイッチ付)。
ライトユニットはLEDを採用し、既存製品に比べて良好な点灯状態を確保。
・前面種別表示はLED式、幕式を選択可能。既存製品に新たな行先を加えた行先表示シールが付属。
・2編成併結の運転を考慮し、トラクションタイヤ非装備。

■現在販売中の商品 ■予約
  • カトーオンラインショップのTwitter

    フォローする

  • 鉄道模型カトーのTwitter

    フォローする