485系 特急「みどり」 4両セット

485系 特急「みどり」 4両セット

品番
10-1480
型式
Nゲージ
販売価格
¥15,120 (税込)
数量
カートに入れる

製品説明

昭和47年(1972)8月に登場し、将来の併結運転を考慮し、貫通形にしたほか、
定員増を図って空調装置をAU13E/AU71Aに変更した車両です。
昭和51年(1976)7月より博多〜長崎・佐世保間に新設された特急「かもめ」「みどり」で併結運転を開始し、
「みどり」は当時の国鉄の特急列車では一番短い4両編成での運転だったことが話題にもなりました。

製品情報

● 特急「みどり」4両セットは昭和57年(1982)〜60年(1985)の姿で再現。
● 初の電気釜スタイルとなったクハ481形200番台の、581系に準じた貫通扉付の前頭部を的確に再現。
● 特急「みどり」4両セットのクロ481 103は九州地区特有の先頭部の「ひげ」のような短い赤帯がない姿を再現。
● 特急「みどり」4両セットには、クハ481 200番台に使用する先頭部連結用のカプラーが2組付属。
「みどり」セットと、200番台6両基本セットのクハ481 200番台に取り付ければ、「かもめ」+「みどり」の併結編成を再現可能。
● 各先頭車ともヘッド/テールライト、トレインマーク点灯。特急「みどり」4両セットのクハ481は消灯スイッチ付。
● 特急「みどり」4両セットはスムーズな併結運転を考慮して、動力車のトラクションタイヤ無。
● 各車の中間連結部には、ボディマウントタイプのKATOカプラー密連形を標準装備。
● フライホイール搭載動力ユニットで安定した走行を実現。
● DCCフレンドリー。
● 種別サボは「特急」を印刷済。号車サボは白下地状態で、付属シールからお好みの号車番号を取付可能。
側面行先表示も付属シールからお好みの行先表示を取付可能。
● クハ481は変換式愛称表示を装備。クロ481ははめ替え式のトレインマークを装備。
● 変換式愛称表示収録内容 特急「みどり」4両セット:「みどり(イラスト)」「臨時」「団体」
● 特急「みどり」4両セットのクロ481 103のはめ替え式トレインマークは「みどり(イラスト)」を取付済。
交換用として「みどり(文字)」「臨時」「団体」を用意。
● トレインマーク変換装置485系200番台用(国鉄・イラスト)収録内容:@「はつかり」「ひばり」「白鳥」「いなほ」
A「ひたち」「鳥海」「あいづ」「しらさぎ」 B「北越」「加越」「シュプール」「有明」

よく一緒に購入されている商品

■現在販売中の商品 ■予約
  • カトーオンラインショップのTwitter

    フォローする

  • 鉄道模型カトーのTwitter

    フォローする