オハフ51

オハフ51

品番
5246
型式
Nゲージ
販売価格
¥2,592 (税込)
数量
カートに入れる

製品説明

50系 51形客車は、昭和54年(1979)に北海道向けとして登場、総数130両が製造され北海道の主要幹線の運用に就き、函館から北は稚内、東は網走までの広範囲で活躍を続けましたが、平成6年(1994)に暖地向けの50系より先に引退いたしました。国鉄時代の北海道を語る上では欠かせない車両です。 KATOは、前回品の50系と同様に国鉄時代のオリジナル形態で製品化いたします。 また今回、50系客車グレードアップパーツをリリース。 上から見る機会の多い車両の屋根を、屋根板とベンチレーターの別部品に分けて構成。製品の屋根板(ベンチレーター一体)と交換していただくことにより、より一層の精密化を図ることができます。併せてお楽しみください。

製品情報



● 50系 51形客車
・国鉄最後の一般形客車オハ50系51形(愛称レッドトレイン)を、国鉄時代をプロトタイプに製品化。
・寒冷地対応の51形の最大の特徴である、隙間風対策の小形2重窓をはじめ、TR230A台車も新規設定。枕バネをゴム被膜としたエリゴバネ、片押式ブレーキ、歯車式車軸発電機など、50系との違いを余すことなく再現。その他にも、凍結防止のため鋼板製のカバーで覆われたオハフの水タンクや、妻面の表情の違いなども51形の特徴として再現。
・手頃な長さの5両編成と単品製品で構成。単品で揃える短編成からセット+単品の長編成まで様々な運用の再現が可能。
・オハフ51は両エンドともテールライト点灯式(消灯スイツチ付)。また、編成端で目立つ検査表記も両エンドに印刷済。(但し、5両セットの中間に入るオハフは省略)
・赤一色の車体のアクセントとなる、Hゴムのグレーのほか、銀色のドアレールや靴ズリも印刷で表現。

よく一緒に購入されている商品

ASSYパーツ

■現在販売中の商品 ■予約
  • カトーオンラインショップのTwitter

    フォローする

  • 鉄道模型カトーのTwitter

    フォローする